DEVELOPMENT育成・強化

トレセンについて

トレセンとは「トレーニングセンター」の略語です。
JFAが主管する「ナショナルトレセン」を頂点に各FAでは「地区トレセン」「県トレセン」を主管し、U-11(小学5年)からU-16(高校1年)までの各年代で強化を行っています。(女子はU-12、U-15の2カテゴリー)

トレセンの目的は「日本サッカーの強化、発展のため、将来日本代表となる優秀な素材を発掘し、良い環境、良い刺激を与えること」です。
選ばれた選手をもとにチームとして強化するのではなく、あくまでも「個」の育成を主眼に、可能性のある選手により良い刺激を与えること、そしてできればそれを所属チームに持ち帰り、チームにも還元して欲しいと考えています。

新潟県でも毎年春に選考会を行い、活動を行っています。
新潟県独自の取り組みとしては、U-11、U-12年代での「チャレンジ新潟」(フェスティバル形式)、韓国遠征、U-14でのスペイン遠征(平成30年度)、U-17(前年度のU-16を母体とする)での「国際ユースサッカー in 新潟」などの活動があり、積極的に海外との交流、国際経験を行っています。

また、U-16は国体少年男子選抜チームとなり、国体に臨みます。
国体では、ここ10年間途切れることなく北信越予選を突破し、本国体に出場しています。さらに、各年代のエリートプログラム、ナショナルトレセン、年代別代表にも毎年多くの選手が選ばれ、より高いレベルで活躍する選手が増えてきています。

トレセンの仕組み

「47都道府県トレセン」「地区トレセン」が各地域のサッカー協会の主管となります。

トレセンの仕組み

トレセンが求める選手像

JFAではトレセンの選手として以下のような選手になって欲しいと考えています。
この考えは新潟県のトレセン選手としても変わらない、共通する考えです。

トレセンが求める選手像

年間スケジュール(新潟県トレセン)

男子

年間スケジュール(男子)

※クリックで拡大表示します

女子

年間スケジュール(女子)

※クリックで拡大表示します